快適性と安全性に優れた自然素材の家を建てるには実際の施工例を参考にしよう

HOME>記事一覧>使用する建材が暮らしに大きな影響を及ぼします

体調不良は家が原因かもしれません

家

頭痛やめまいなど原因のはっきりしないさまざまな症状に何年も悩まされている人は、住んでいる家が原因となっていることがあります。これは建材から発生するホルムアルデヒドなどの化学物質の影響によるシックハウス症候群と言われるものです。そのような症状を引き起こさないためにも住宅の購入の際は、注文住宅による自然素材の家を選んだ方が無難です。自然素材の家は、壁や床に天然の無垢材を使用するので、吸湿作用やフィトンチッド効果により快適な生活空間とすることが可能です。まずは自然素材の家を手がけるハウスメーカーや工務店が運営する住宅展示場へ足を運び、実際の施工例を見てみましょう。

耐震性においても信頼できます

自然素材の家での暮らしは快適性だけがメリットではありません。スギなどの無垢材は圧縮や引っ張りに対しても鉄やコンクリートよりも強度があります。しかも柱や梁などの接合部は耐震金具で補強するので従来の木造住宅よりも高い耐震性を備えることができます。もし大きな地震が発生しても揺れに強く倒壊し難い家づくりをすることが可能です。さらに万が一火災が発生しても有毒ガスが発生し難く、鉄よりも長い時間強度を保てるという特徴があります。そして住宅展示場のモデルハウスは1つの施工例に過ぎません。注文住宅の自由設計のメリットを最大限生かした家づくりを楽しみましょう。

広告募集中